医学部に合格するためには塾に通うのが必須

作文用紙

小論試験を突破する方法

自分の感想や考えを素直に書ける作文とは対照的に、小論文では明確な根拠に基づいた論述が必要です。小論文試験の対策を行う際には、このような論理性の有無による作文との違いを意識しながら学習を進めていくことが大切といえます。

教師と学生

小学生向けの学習プラン

中学受験に向けて必要な内容を効率的に学べるのが、伊丹市内の個別指導塾の特徴であり、保護者からの評価も高いです。公立中学校への進学に向けて補習指導で活用する人も多く、小学校高学年の教科書内容が十分に学べるのが魅力的です。

医師

難関の突破をサポート

難関と言われる医学部への合格を目指す高校生や浪人生をサポートしているのが、医学部の受験に特化した予備校です。医学部の受験に精通した講師陣による指導に加えて、ナーバスな状態になりがちなメンタル面のケアを受けられることも大きなメリットです。

合格率を高める方法

ドクター

手厚い指導が受けられる

大学には様々な学部がありますが最も合格するのが難しいのが医学部で、受験生は効率よく受験勉強をする事が求められます。そのため医学部を受験するための専門の塾が人気になっており、現役の生徒だけでなく浪人生も多く受講しています。普通の高校では医学部を目指す生徒は少ないため、こういった専門の塾に通うメリットは大きいです。医学部の塾に通うことで受験に特化した講義を行えるため、受験対策で重要なポイントを押さえる事ができます。また一般的な塾だと多くの学部の情報を仕入れる事になり、医学部の受験に役立つ情報が少なくなります。医学部の塾には医学部を受ける受験生のためだけに、受験の情報を集めているため役立つ情報が多いです。また医学部を受験するための塾は他とは異なり、講師1人につき生徒は10人以下の、少人数で授業が行われています。そのため授業の内容が濃く、一人ひとりの生徒に対してきめ細やかな指導を行うことが可能です。また医学部の塾では勉強の進み具合や成績の管理まで、学習の管理を行っているため、受験までの期間を計画的に学べます。周りは同じ学部を受験する生徒ばかりなので、塾に通うことで勉強のモチベーションを維持する事ができ、合格する確率を高めます。塾は授業を行う教室だけでなく、自習室を備えていることが多いため、友人と一緒に学んだり解らない問題を教えてもらう時に役立ちます。自習室は休日や遅い時間まで開放されているため、自宅で集中できない場合でも安心です。